title


HOME 法人概要 事業内容 お問い合わせ

第三者評価の方法

注1:東京都内で評価を行う場合の、標準的な方法です。
(ご依頼の内容により異なる場合があります)
注2:方法は取り扱う自治体によって異なります。
注3:方法の詳細は取り扱う事業所にて、ご依頼の案件毎となります。
第三者評価の詳細については、当評価機構の職員がお伺いしてご説明いたします。
以下は概要です。
時間
(目安)
項目
評価を受ける施設の取り組み
(概要)
詳細
第1週
契約・説明
・第三者評価についての説明
・評価契約
1.評価契約を結びます。
施設様からのお申し出によって、当評価機関と契約を結びます。
第2週
第3週
利用者調査

事業評価
(自己評価)

実施
@利用者(本人・家族)への説明
第三者評価の内容説明や承諾
A利用者調査(アンケート)対象選定
調査票配の配布協力など
B事業の自己評価
職員による自己評価シート
(東京都の指定様式に記入)
C事業の自己評価
経営者層による自己評価
(東京都の指定様式に記入)
2.利用者調査(アンケート)を実施します。
利用者の方々に対し、サービス種別に応じて「アンケート調査」や「対面による聞き取り調査」を行います。
3.事業評価(自己評価)を実施します。
所定の様式による「事業プロフィル」「事業評価分析シート」「サービス評価分析シート」にご記入・ご提出いただきます。職員の皆様が個別に記入する評価シートは、他者に見られないように個人別に封筒で当評価機構に直接送ります。
第4週
自己評価の
分析
評価事業者が分析した
集計・分析結果の確認
訪問調査の日程調整
4.自己評価を分析・検討します。
皆様からご記入いただいた自己評価シ−トと、利用者調査(アンケート等)を、当評価機関にて集計・分析して報告します。施設でその結果を検討して下さい。
5.訪問調査を実施します。
評価調査員が2名以上で施設に訪問(1日間)し、書類調査(記録や計画の状況など)や職員への聞き取り調査、現地視察などを行います。
訪問調査
訪問調査の実施
(評価員2名以上が訪問)

評価事業者による評価結果の作成
第5週
結果
評価事業者による評価結果説明 6.結果を報告・説明します。
施設に対して評価結果を報告し、併せて説明を行います。終了後は施設内で事業改善などの参考に役立てて下さい。
評価終了
評価結果検討→日常業務への反映